[高学年部]つくし野アスレチックで遊んできました!

今回の記事は、高校生が書いてくれました!
「自分たち自身の言葉で高学年部の発信をしていきたい」と子どもたちから提案があり、ぜひにとお願いしました。高学年部のこれからがますます楽しみです☆


6月28日(日)、小学生と高校生10人でつくし野のフィールドアスレチックに行ってきました。この日は今年度初めての高学年部の活動でした。5月に行われるはずだった大池沢でのバーベキューは中止になってしまい、急遽行くことになりました。

当日は朝から大雨の予報だったので実施できるのかとても心配でしたが、午後には雨がやみ、閉園時間までの短い間でしたが、とても楽しむことができました。

園内には50ものステージがあり、一周するのにとても時間がかかりました。普段ならたくさんのお客さんで賑わっていますが、雨上がりだったこともあってとてもすいていたので、のびのびと遊ぶことができました。

夏までに予定されていた高学年部の活動は軒並み中止になってしまいましたが、できる活動から順に再開していきたいですね。

[高学年部]大野山ハイキング

年末押し迫る12月29日、小4以上の子どもたちとともに大野山へハイキングに行きました。その日は朝から晴れて雲がところどころに浮かぶいいお天気。葉っぱが落ちて山の中にも陽射しが差し込み、歩いていると汗ばむくらいでした。それでも山頂に近づくにつれて空気が冷たくなり手が悴んできました。

最後の難関、急な階段を延々と登り「まだ~?」「早くつ きたい~」といいながらやっとついた山頂からは、360度視界がひらけて、遠くには丹沢湖や相模湾がよく見えました(富士山だけは雲をかぶっていたのが残念でした…)。

山頂では思いのほか風が強く吹いてものすごい寒さ。ひとり一杯ずつ用意したお味噌汁の温かさが身体に沁みわたります。それでもまだ寒い子どもたちは「お白湯くださ~~い!」「美味し~♪」とコップで手を温めながら飲んでいました。

下りは、大人は膝ががくがくしているのに、子どもたちはぴょんぴょん飛ぶように降りていきます。あと少しで帰りの駅に着く頃、後ろをふりかえると先ほどまでいた山頂が遠くに見えました。

また行きましょう♪

のづた丘の上秋まつりの一日

 113日(日・祝)は、のづた丘の上秋まつり。今年も大人の店と小学4年生以上の高学年の子どもたちの店を出しました。

大人の店では、ハンドドリップのコーヒー、みたらし団子、折染め遊びを。

おいしく淹れます!
だんごを茹でるお父さん達
折り染め遊び。絵の具を溶かした水に、小さく折った和紙を浸して…
広げると、きれいな模様が!

高学年の子どもたちの店では、焼きおにぎり、ベビーカステラ、今年初挑戦のじゃがバター、六角がえし遊びを行いました。

大人気の焼きおにぎり
ベビーカステラ。い~匂い!
六角返し遊びもしました

子どもたちのお店では、店作りからスタートし、看板や値段表を書いて飾りつけ、焼きおにぎりを炭をおこして焼き、ベビーカステラをひとつひとつ焼き、お客さんとやりとり。出張販売をしてくれた子もいました。初めて参加する子も何度か体験している子も、自分ができることを見つけて一生懸命やっていました。

「いらっしゃいませ~」子ども達で切り盛りします。

 

昨年と違い、今年は初めて高校生が中心となって、事前に何を作るか相談し、小中学生の子どもたちと一緒に看板作りや試作試食をし、そして買い出しを行いました。

当日もシフトを決めたり、会計したり、大活躍。

自分たちで計画しそれを実行する体験。時には計画通りにいかないこともあると思いますが、自分たちで考え、主体的に動くことで得られる楽しさをこれからもたくさん知ってほしいです。

事前準備の様子
活動を紹介する看板。小学生だけで作りました!
こちらは中学生以上で作りました☆

雑木林に囲まれたのづたの原っぱで過ごす一日は、なんともいえず気持ち良いです。今年はお天気が心配でしたが、雨が降ることなく終えることができ本当によかったです。また来年が楽しみです。

劇団あとむとアニメイムであそぼう!

夏休みも終了間近の8月28日、「あとむの時間はアンデルセン」事前ワークショップとして「劇団あとむとアニメイムであそぼう!」を開催しました。

9月14日は全年齢例会「あとむの時間はアンデルセン」。

その中で用いられる「アニメイム」。
アニメイムとは、「アニメーション」と「パントマイム」からの造語で、身近にある棒やボール、輪などの単純な形を使って、空間に風景や動物を描く創造的な遊びです。

まずはみんなで新聞紙を丸めて、棒を作っていきます。

作り方を丁寧におしえていただき、細くて丈夫な棒がたくさんできました。

この棒を使って体操をしたあと…

空間に形、そして動物を作っていきます。

あとむの方たちが動物を動かすと、まるで命が宿ったよう!
子ども達の目もキラキラと輝きました。

何もない空間に、一瞬にして世界ができあがる様子をみんなで楽しみました。

 

後半は、劇団あとむの皆さんが大人向けに「アンデルセン童話のひみつ」をお話してくださいました。
一見怖くて残酷に見える結末に込められた本当の意味ってなんだろう・・・?
本当の幸せってなんだろう?
大人だからこそハッとするお話をたくさん聞かせていただきました。

子どもの時、大人の時、年をとってから、3度読めば3通りの感じ方ができるアンデルセン童話。
原作本を読んでみたくなった人もたくさんいると思いますし、
何より、例会がとても楽しみになったのではないでしょうか。

人生がまたひとつ、豊かに深くなっていくのを感じました。

劇団あとむの皆さま、どうもありがとうございました。
9月14日当日も、みんなで楽しもう!

[高学年部]子どもキャンプに行ってきました。

8月4日(日)~5日(月)小学4年生以上の子どもたちと一緒に、高学年子どもキャンプへ行ってきました。例年2泊3日で行いますが、今年はこのあと知覧平和学習旅行もあるため、1泊2日で神奈川県立足柄ふれあいの村へ。今年の参加者は、小学4年生から高校生1年生まで28人。昼間は暑かったけれど夜は風が心地よく、お天気に恵まれた二日間でした。

★一日目

電車で移動後、大雄山駅からふれあいの村まで大汗をかきながら歩きました。

到着後入村式とかんたんなゲームをしてから、早速火をおこしてカレーを作って食べました。

その後はますのつかみどり! ふれあいの村からまた徒歩で移動。素手で魚をつかむことは初めての子どもたちがほとんど。最初は「こわ~い」「ぬるぬる~」と大騒ぎでしたが、だんだんと落ち着いてきて…なんとか捕まえることができました。冷たい水に足をつけたおかげかとても涼しくなりました。そして、ますは夕食として豚汁とご飯とともにありがたくいただきました。

昨年と一昨年のキャンプでのキャンプファイヤーは雨だったため、木を組んだ大きなものは久しぶりです。歌あり踊りありクイズあり花火ありの盛り沢山のプログラムでした。

 

★二日目

うどんを粉から作り、寝かしている間や食べ終わった後は、子どもたちが考えたプログラムで思いきり遊びます。リレー、鬼ごっこ、レンジ鬼、等々たっぷりと走り回りました。子どもたちは元気です! 大人はすっかりへとへとでした…、

短い日数でしたが、「来たのは昨日だっけ?」と感じるくらい内容の濃い~二日間でした。

学校も年齢も住んでる地域も違う子どもたち。高学年の活動では、毎年キャンプを行う前に事前集まりを行っています。今年は3回顔を合わせました。何回か会うことで少しずつお互いの顔と名前を覚え、本番のキャンプで一緒にご飯を作り食べお風呂に入りたくさん遊んでいくうちに…少しずつ距離が縮まっていったように思えました。

来年もたくさん遊ぼうね!