2月例会:パーカッション&マリンバ コンサート

 

パーカッション1
上演前の様子。楽器がいっぱい!

2015年2月21日(土)、和光大学ポプリホール鶴川にて、町田子ども劇場2月例会が行われました。

開演前から舞台の上に所狭しと楽器が並び、ステージへの期待が高まります。

今大人気のカホンを始め、ジャンベやフレームドラムなど、解説を交えながら大久保さんに演奏して頂き、子ども達も始めからステージに入り込み、リズムを取りながら食い入るように見つめていました。

大久保さんのおしゃべりもまたおもしろくて、子ども達もすっかり乗り乗りで掛け合いも絶妙でした。(「知ってる~」合戦は爆笑でしたね)。これ楽器!?というような普通のフライパンですら大久保さんにかかると見事なパーカッションになってしまうことにもびっくり。

あらゆるものを楽器に変えてしまう!大久保さんでしたが、特に印象に残ったのは「おりん」です。おりんは、もともと仏具の「鈴(りん)」のことで、ステージで用いたおりんは一つずつ音階を調整して楽器にしています。一音ならすと、その余韻が4分間(!)残るそうです。響きのあるとっても素敵な音でした。

また、中川さんの演奏するマリンバの音色の美しさ、演奏する姿に魅せられました!

現在のマリンバの形が出来上がったのは1900年頃と実は楽器としての歴史は浅く、マリンバの曲もまだあまり無いそうで、ご自身でマリンバ用にアレンジ編曲をして演奏されるそうです。聞き慣れた曲も全く印象が変わり見事でした。中川さんが初めてマリンバに触れたのは小学校4年生だったそうですよ。

実は、あのお二人ご夫婦なんです。確かに息のぴったり合った演奏でしたが、対照的な見た目といい、意外ですよね~(失礼!笑)。でも改めて、ステージ上でのやりとりを思い返してみると納得!という方もいらっしゃるのでは!?

【当日のプログラムはこちら】                                                  1.パーカッション・ソロ                                                                     2.フィドル・ファドル /ルロイ・アンダーソン作曲                                                                                                             3.フレームドラム系ソロ                                                                   4.タンブラン・パラフレーズ /安倍圭子作曲                                                   5.Srpska Igra /ネボイシャ・ジブコビッチ作曲                                                                     6.カホン ソロ                                                                      7.エリーゼ~エリーゼのためにより~ ベートーヴェン作曲/中川佳子編曲                                                                8.おもちゃの兵隊の行進 /レオン・イエッセル作曲/中川佳子編曲                                                               9.山をわたる風の詩/安倍圭子作曲                                                                    10.おりん                                                                           11.童謡メドレー /中川佳子編曲

差し入れのお食事風景♪

 

カホンって知ってますか!?

2月21(土)は、「パーカッション&マリンバ コンサート」!11月に八王子車人形を観た方からすると、久しぶりの例会になりますね!このコンサートをより楽しむための事前ミニ知識を♪

お手元にあるチラシ、大久保 宙さんが、何やら長方形の形をした箱の上に腰掛けて、その箱を叩いている写真が載っているかと思います。

この箱はいったい何でしょうか?実は椅子……ではなく(笑)、「カホン」といいます。

ドラムのような音を出すけどドラムでない、列記としたペルー発祥の楽器です。綴りは”cajon”。スペイン語で「箱・ひき出し」を意味し、200年以上前にペルーで発祥したといわれる箱型の打楽器です。kahon

アフリカから連れてこられた黒人奴隷が仕事の合間に太鼓などでリズムをとって歌っていたところ、歌によって奴隷が団結することを恐れた白人が、黒人から楽器を没収しました。そこで奴隷たちは単なる木箱やタンスなどを叩いてリズムをとるようになった、これがカホンの由来だと言われています。

その後、楽器として改良され、今ではフラメンコをはじめ、ロックやポップス音楽など、世界で利用される本格的な打楽器となりました。

上にまたがって、箱を直接手の平で叩くのがスタンダードな演奏で、叩く場所によって音が異なります。本体の中央はバスドラムのような低音、端のほうがハイハットのような高音、縁のほうを叩けばスネアのような音が鳴るそうです。

打面の反対側には穴が開いていて、中に弦が張られているのもあります(この穴は、内部で反響した音、特に低い音の音圧を外に逃がすためのものです)。kahon ura

平手で上の縁を打つ(オープン)、センター付近を指をそらして叩く(ベース)、上の縁を指先で叩く(スラップ)、上の縁あたりを指先の力を抜いて叩く(ティップ)などの奏法があり、叩き方を駆使すればドラム・セットのような役割を果たすことも可能です。

最近の住宅事情にもぴったりのコンパクトさと、簡単に持ち運べ手軽に扱えることでストリートミュージシャンに人気が出て、日本でも取り入れるアーティストが増えてきています。

大久保 宙さんは、世界的に有名なカホン奏者で、そのような方が町田出身とは誇らしいですね!

皆さんも当日は演奏を聴きながら一緒に身体を動かしてリズムを取って楽しんでください。

家から箱や引き出しを持参して「なりきりカホン」奏者?なんて楽しいかも(笑)

 

A地域例会 ふたりのお話

2014年12月20日(土)、鶴川和光幼稚園にて、A地域例会を行いました。 TS3L0052                              人形劇団ひぽぽたあむによる、『ふたりのお話』です。                                                                     ひぽぽたあむは、出遣いの人形劇が多い中、人形だけが舞台上に出る「片手遣い人形」にこだわっている劇団です。柔らかくなめらかに動き回る人形の姿は、まさに命が吹き込まれているかのように美しく大人も見入ってしまいます。

おばあさんのカバンの中から出てきたお人形のイヌくんやネコくん、ふたりで一緒に過ごす春・夏・秋・冬のエピソード……、こう書くとほんと他愛のないお話なのですが、このふたりが生き生きと動き出すと、子どもたちはほんと釘付け。春のピクニックで、ネコくんが“おにぎり”を出すと、なんでかイヌくんは“のこぎり”を出す、子どもたちはそれもまたおかしくておかしくて。

最後、おまけにと、生まれたばかりのひよこちゃんが動物に出会う度に鳴き声を変える『とりかえっこ』の人形劇があり、それも次々と出てくる動物がまたまたかわいらしかったです。

終演後、「10歳以上の方は舞台裏をどうぞ」と永野さんが案内してくださいました。(ここは「小さな方たち」が見たら困るので写真ナシです。)人形だけではなく、舞台背景やライト使いや小物に至るまできめ細やかな仕掛けが施されていて、子どもを(もちろん大人も)楽しませることに少しの手抜きもないことに改めて大変感じ入りました。TS3L0053TS3L0055TS3L0056

 

 

 

 

 

さて、9月のクラルテおひさま劇場から始まった「人形劇フェア」も、この作品で最終となりました。和洋とりまぜたいろいろなジャンルの人形劇の魅力を堪能できたかと思います。スタンプラリーもこれで最後です♪ 全部押せた人はいたかな?TS3L0057TS3L0058

 

 

 

 

B地域例会 さく婆ちゃんと腰折れ雀

さく婆ちゃんスタンプ
今回のハンコ♪

2014年11月29日(土)鶴川市民センター第2会議室にて、B地域例会を行いました。劇団鳥獣戯画による「人形劇みゅーじかる さく婆ちゃんと腰折れ雀」。さいたまの民話から生まれた、歌あり踊りありクイズありの楽しい人形劇です。

「だんべ」や「あばよ」など、冒頭の石丸さん竹内さんお二人のアップテンポなダンス♪に乗った埼玉弁講座、子どもたちも一緒にリズムに乗って自然に身体が揺れて動きます(爆)。いきなりクイズが始まったり、人形たちが客席に飛び込んで来てびっくりさせたり(この時の役者さんと子どもたちのやりとりが秀逸でした!さすが町田の子どもです!)、とにかく観る側を飽きさせません。

「私たちはミュージカル劇団で人形劇団ではないから人形劇はプロではない」との言葉でしたが、そんなそんな、これは絶対、鳥獣戯画さんでないと出来ないすごい楽しい人形劇でした!

 

石丸さんが開演前の昼食の様子をツイッターで紹介してくれてましたhttp://gigagiga.blog69.fc2.com/blog-entry-1254.html

TS3L0041
スタンプラリー第3弾
TS3L0040
人形と記念撮影
TS3L0039
終演後。ひさごから出たゴミが沢山

C地域例会 八王子車人形

hachio-ji

2014年11月2日、成瀬台幼稚園にて八王子車人形の公演を行いました。

車人形とは、ろくろ車という、前に二個、後に一個車輪がついた箱車に腰掛け、一人の人形遣いが一体の人形を操る一人遣いの人形芝居です。人形の足が直接舞台を踏むので、力強い動きやテンポが魅力です(これは他の操り人形には無い車人形の特長!)。

天下泰平、五穀豊穣を祈願する舞「三番叟」、 東海道中膝栗毛卵塔場の段、日高川入相花王渡し場の段(安珍清姫)、洋舞(フラメンコ)と、間に、車人形の操作体験ワークショップもはさみ(小3の男の子が舞台に上がり頑張りました♪)、西川さんの巧みな話術と華麗な舞にあっという間に時間が過ぎました。東海道中膝栗毛は、卵塔場(=墓場)で気絶した弥次さんが、目が覚めたら死に装束を着せられていて自分が死んでしまったと思いこんでしまう話で、ユーモラスな動きと顔の変化に会場中に笑いが(爆)。逆に、安珍清姫では、清姫が叶わぬ恋に怒り、最後、怨念の権化である蛇になってしまうのですが、その変化した顔の怖ろしかったこと!!子どもたちがおびえてお母さんにしがみついて固まっていました。でも大人でも衝撃でした(笑)

TS3L0027
スタンプラリーのハンコ♪

写真は、終了後西川古柳さんと記念撮影した子どもたちです♪古柳さんがもっているのは最後に舞ってくれたフラメンコの車人形。西川さんは海外公演の際必ずその国の伝統芸能を取り入れた出し物をいれるそうです。日本伝統芸能とスペインの伝統芸能が鮮やかににマッチしてました。車人形のおいしいトコどりをしたような盛りだくさんの例会でした。