12月30日(水)今年最後の高学年デイキャンプに行きました。

年末押し迫る12月30日(水)今年度4回目となる高学年デイキャンプで、大地沢青少年センターへ行きました。最初に子どもたちが企画してくれた自己紹介ゲームや、進化ゲーム、チャンバラゲームを楽しみます。大人も本気で思いきり走りゼ~ハ~しましたが、身体を動かすとポカポカしてきます。

進化ゲーム中、早く人間になりたいな。

今回のメニューは、豚汁とご飯。ご飯は、今まで大鍋やお釜で炊くことがほとんどでしたが、今回いつもよりも参加者が少人数だったので、飯盒を初めて使ってみました。同じご飯を炊くのでも勝手が違うのでドキドキ…。そして、ウインナーや季節のもの(じゃが芋、りんご、きんかん)も焼いてみました。

今年はデイキャンプに4回挑戦しました。コロナ禍により不自由なこともたくさんありましたが、その時々にできることをみんなで考え、最大限楽しんだ一年でした。

11月29日(日)高学年デイキャンプに行きました。

11月29日(日)、相模湖の山間にあるキャンプ場、相模湖休養村にて高学年デイキャンプを行いました。紅葉がちょうど美しい時期で、空気もきりっとして気持ちよいお天気の日でした。キャンプ場についたら、まず顔や名前を覚える自己紹介を兼ねたゲームで遊びます。

そして、食事の準備スタートです。今回のメニューは熱いリクエストによりメインはハヤシライス。焼き芋も焼きました。ご飯は、なんと! 竹を鍋がわりにして炊きました。先に出発してくれていたメンバーが山から切り出し、キャンプ場の方から教えていただきながらの挑戦です。誰もが初めてのことで、うまく炊けるのかみんなドキドキです。なかなか芯まで火が通らず食べられるかと心配しましたが、竹の位置を変えたり、ご飯の量を調整したり、思考錯誤しながらなんとか炊きあがりました。ほんのり竹の香りがするご飯とハヤシライスはとても美味しかったです。

切りだした竹をみんなで運びます
おいしくなーれ♪
割った竹の中に米を入れて炊きました

その後も再び遊びます。だるまさんが転んだや宝探しゲームなどを楽しみ盛り上がりました。また行きましょう!

[高学年部]デイキャンプ

☆今回の記事は大学生が書いてくれました!☆

816()920()にデイキャンプに行ってきました!

8月は茅ヶ崎市にある、柳島キャンプ場に行きました。天気にも恵まれ、晴れていましたが、とっても暑くて汗がこれでもかと出てきました。みんなで、なんでもバスケット、ピンポン玉リレー(大人も本気になっていた笑)をしたあとに海が近い場所だったので、自由時間には海風を浴びながら海で遊びました。

9月は秦野市にある滝沢園、滝沢キャンプ場に行きました。お昼を作るために石でかまどをつくってみたのはキャンプならではでした。やっと秋らしい、涼しい    気候の中でジャンケン列車、猛獣狩りゲーム、川遊びをして遊びました。海でも川でも全身、水浴びしてはしゃいでる子もいました。

どちらの日程もお昼はカレーを作って、食べました。みんなで作って、食べるカレーはとっても美味しかったです。一人一人が分担したことをやり、みんなが協力している姿をみられました。何回かキャンプに参加していますが、これはすごいことなんだなあと思います。

元々、計画していた23日のキャンプは中止となりましたが、話しあいの結果、感染防止の対策を立てて、デイキャンプを2回というかたちで開催することができました。思いっきり自然で遊べること、火を起こしてご飯を作ることもなかなかないので、短い間でも楽しめました。2020年、子ども劇場での夏、秋のキャンプの思い出ができて良かったです!

[高学年部]つくし野アスレチックで遊んできました!

今回の記事は、高校生が書いてくれました!
「自分たち自身の言葉で高学年部の発信をしていきたい」と子どもたちから提案があり、ぜひにとお願いしました。高学年部のこれからがますます楽しみです☆


6月28日(日)、小学生と高校生10人でつくし野のフィールドアスレチックに行ってきました。この日は今年度初めての高学年部の活動でした。5月に行われるはずだった大池沢でのバーベキューは中止になってしまい、急遽行くことになりました。

当日は朝から大雨の予報だったので実施できるのかとても心配でしたが、午後には雨がやみ、閉園時間までの短い間でしたが、とても楽しむことができました。

園内には50ものステージがあり、一周するのにとても時間がかかりました。普段ならたくさんのお客さんで賑わっていますが、雨上がりだったこともあってとてもすいていたので、のびのびと遊ぶことができました。

夏までに予定されていた高学年部の活動は軒並み中止になってしまいましたが、できる活動から順に再開していきたいですね。

[高学年部]大野山ハイキング

年末押し迫る12月29日、小4以上の子どもたちとともに大野山へハイキングに行きました。その日は朝から晴れて雲がところどころに浮かぶいいお天気。葉っぱが落ちて山の中にも陽射しが差し込み、歩いていると汗ばむくらいでした。それでも山頂に近づくにつれて空気が冷たくなり手が悴んできました。

最後の難関、急な階段を延々と登り「まだ~?」「早くつ きたい~」といいながらやっとついた山頂からは、360度視界がひらけて、遠くには丹沢湖や相模湾がよく見えました(富士山だけは雲をかぶっていたのが残念でした…)。

山頂では思いのほか風が強く吹いてものすごい寒さ。ひとり一杯ずつ用意したお味噌汁の温かさが身体に沁みわたります。それでもまだ寒い子どもたちは「お白湯くださ~~い!」「美味し~♪」とコップで手を温めながら飲んでいました。

下りは、大人は膝ががくがくしているのに、子どもたちはぴょんぴょん飛ぶように降りていきます。あと少しで帰りの駅に着く頃、後ろをふりかえると先ほどまでいた山頂が遠くに見えました。

また行きましょう♪