高学年部

小学校4年生以上の希望者は「高学年部」としても活動します。

高校生・大学生を中心に自分たちでやりたいことを話し合い、準備し実行する……学校・学年を超えた、子ども劇場ならではの”仲間づくり”をしています。
新しい仲間、いつでも募集中☆

↓↓こんな活動をしています!ブログからご紹介。↓↓


[高学年部]つくし野アスレチックで遊んできました!

今回の記事は、高校生が書いてくれました!
「自分たち自身の言葉で高学年部の発信をしていきたい」と子どもたちから提案があり、ぜひにとお願いしました。高学年部のこれからがますます楽しみです☆


6月28日(日)、小学生と高校生10人でつくし野のフィールドアスレチックに行ってきました。この日は今年度初めての高学年部の活動でした。5月に行われるはずだった大池沢でのバーベキューは中止になってしまい、急遽行くことになりました。

当日は朝から大雨の予報だったので実施できるのかとても心配でしたが、午後には雨がやみ、閉園時間までの短い間でしたが、とても楽しむことができました。

園内には50ものステージがあり、一周するのにとても時間がかかりました。普段ならたくさんのお客さんで賑わっていますが、雨上がりだったこともあってとてもすいていたので、のびのびと遊ぶことができました。

夏までに予定されていた高学年部の活動は軒並み中止になってしまいましたが、できる活動から順に再開していきたいですね。

/ あそぶ, つどう, 高学年

[高学年部]大野山ハイキング

年末押し迫る12月29日、小4以上の子どもたちとともに大野山へハイキングに行きました。その日は朝から晴れて雲がところどころに浮かぶいいお天気。葉っぱが落ちて山の中にも陽射しが差し込み、歩いていると汗ばむくらいでした。それでも山頂に近づくにつれて空気が冷たくなり手が悴んできました。

最後の難関、急な階段を延々と登り「まだ~?」「早くつ きたい~」といいながらやっとついた山頂からは、360度視界がひらけて、遠くには丹沢湖や相模湾がよく見えました(富士山だけは雲をかぶっていたのが残念でした…)。

山頂では思いのほか風が強く吹いてものすごい寒さ。ひとり一杯ずつ用意したお味噌汁の温かさが身体に沁みわたります。それでもまだ寒い子どもたちは「お白湯くださ~~い!」「美味し~♪」とコップで手を温めながら飲んでいました。

下りは、大人は膝ががくがくしているのに、子どもたちはぴょんぴょん飛ぶように降りていきます。あと少しで帰りの駅に着く頃、後ろをふりかえると先ほどまでいた山頂が遠くに見えました。

また行きましょう♪

/ あそぶ, つどう, 高学年

11月例会『おひさま劇場』 高学年部は初の例会当番も

11月17日(日)は町田市民ホールにて人形劇団クラルテによるおひさま劇場を上演しました。演目は『瓜子姫とあまんじゃく』と『オオカミと七ひきの子やぎ』。対象は未就学の子どもたち。お膝抱っこのまだ小さな子どもたちも一緒に観ました。

どちらの作品も「扉をあけてはダメよ」と言われたのに開けてしまうお話。子どもたちは、扉を開けておおかみが入ろうとするときこやぎの気持ちできゃ~と声を出したり、見つからないように息をひそめたり。瓜子姫での切ない場面ではしんと静まりかえり、リズミカルな歌に体を揺らしたり。物語の世界を体全体で五感をフルに使って楽しんでいました。

あけちゃだめよ・・・みんなドキドキ

町田子ども劇場では、例会ごとに各ブロックで会場準備や受付、会場係などを担当します。今回は、初めての試みとして高学年の高校生以上のこどもたちに担当してもらいました。劇団の荷物を運び、会場作りをテキパキとこなします。会場入り口にイラストを描いて飾りつけも。

テキパキ会場づくりをしてくれるお兄さん・お姉さん
入り口の飾りつけもかわいくしてくれました!

観に来た小さな子どもたちは、いつもと違ってお姉さんお兄さんが案内してくれることに嬉しそうでした。

 

終演後は高学年の子どもたち自ら準備してきた食事を、劇団の方々と感想を語りながら一緒にいただきました。

人形劇団クラルテの皆様の心温まる劇とお心遣い、本当にありがとうございました。そして、来たる12月22日(日)の『ポリチーノのけっこんしき』と『かさじぞう』も楽しみにしています。

/ つどう, みる, 高学年

のづた丘の上秋まつりの一日

 113日(日・祝)は、のづた丘の上秋まつり。今年も大人の店と小学4年生以上の高学年の子どもたちの店を出しました。

大人の店では、ハンドドリップのコーヒー、みたらし団子、折染め遊びを。

おいしく淹れます!
だんごを茹でるお父さん達
折り染め遊び。絵の具を溶かした水に、小さく折った和紙を浸して…
広げると、きれいな模様が!

高学年の子どもたちの店では、焼きおにぎり、ベビーカステラ、今年初挑戦のじゃがバター、六角がえし遊びを行いました。

大人気の焼きおにぎり
ベビーカステラ。い~匂い!
六角返し遊びもしました

子どもたちのお店では、店作りからスタートし、看板や値段表を書いて飾りつけ、焼きおにぎりを炭をおこして焼き、ベビーカステラをひとつひとつ焼き、お客さんとやりとり。出張販売をしてくれた子もいました。初めて参加する子も何度か体験している子も、自分ができることを見つけて一生懸命やっていました。

「いらっしゃいませ~」子ども達で切り盛りします。

 

昨年と違い、今年は初めて高校生が中心となって、事前に何を作るか相談し、小中学生の子どもたちと一緒に看板作りや試作試食をし、そして買い出しを行いました。

当日もシフトを決めたり、会計したり、大活躍。

自分たちで計画しそれを実行する体験。時には計画通りにいかないこともあると思いますが、自分たちで考え、主体的に動くことで得られる楽しさをこれからもたくさん知ってほしいです。

事前準備の様子
活動を紹介する看板。小学生だけで作りました!
こちらは中学生以上で作りました☆

雑木林に囲まれたのづたの原っぱで過ごす一日は、なんともいえず気持ち良いです。今年はお天気が心配でしたが、雨が降ることなく終えることができ本当によかったです。また来年が楽しみです。

/ あそぶ, つどう, 高学年

[高学年部]平和学習の旅 in 鹿児島知覧

8月18日~8月20日、中学生~大学生が、鹿児島の知覧へ平和学習に行ってきました。
南九州市の中核をなす知覧地域は、太平洋戦争末期に特攻隊の出撃基地の1つとなった場所。

事前に特攻に関するドキュメンタリー動画を見て知覧や特攻について学習をしてから、旅行に臨みました。

その土地の人からしか聞けない話、その場所でしか感じられないこと…
子どもたちは言葉にならないたくさんの思いを胸につめて帰ってきました。


1日目に行ったのは、鹿屋航空基地資料館。海軍の歴史について知ることができました。

2日目午前は、知覧特攻平和会館。特攻隊員たち一人ひとりの写真、遺書、遺品などが数多く展示してありました。前日に鹿屋で学んだ”歴史”が、一気に身近に迫ってくるようでした。一人一人が確かに生きていたこと、その命の重みを痛いほど感じる場所でした。

午後は、特攻の母として隊員たちに慕われた「鳥浜トメ」さんが営んでいた富屋食堂。現在は「ホタル館」として、トメさんと特攻隊員とのふれあいの遺品・写真・エピソードなどの展示をしています。トメさんと若者たち一人一人の人生に、さらに思いを寄せることができました。

おいしい鹿児島料理、いぶすきの砂蒸し風呂。お楽しみもたっぷりと。

その日の夜は、鹿児島の子ども劇場の青年たちと交流も!
子どもたちは夜遅くまで盛り上がっていました。
鹿児島のパワフルな活動に、たくさん刺激を受けました!鹿児島の皆さん、本当にありがとうございました。

3日目は、鹿児島の子ども劇場の方々に「ぜひパワーをもらって帰ってください」とおすすめいただき、予定を急遽変更して桜島へ行きました。

もくもくと煙を吐く桜島。
特攻隊員たちが、この桜島を眺めながら旅立っていったことや、
鹿児島の方たちのあたたかさとパワーを思い出しながら眺め、帰路につきました。


後日…

町田に帰ってきてからも、子どもたちと今回学んだことや、次に学習したいことなどを共有しました。その中で、大人に向けて自分たちの言葉でしっかり今回の旅の報告をしたいという声が子どもたちから上がったことは、とてもうれしいことでした。

その後10月6日に、子ども主催で「知覧学習旅行報告会」が行われ、小学生から大人まで、たくさんの人が参加しました。子どもたちは自分自身の言葉でしっかりと丁寧に報告をしてくれ、大人たちにとっても大きな学びの場となりました。

子どもたちの感じる力、変化する力、発信する力の大きさに感動した、一連の平和学習でした。これからの高学年部がますます楽しみです!!

 

/ 高学年

[高学年部]子どもキャンプに行ってきました。

8月4日(日)~5日(月)小学4年生以上の子どもたちと一緒に、高学年子どもキャンプへ行ってきました。例年2泊3日で行いますが、今年はこのあと知覧平和学習旅行もあるため、1泊2日で神奈川県立足柄ふれあいの村へ。今年の参加者は、小学4年生から高校生1年生まで28人。昼間は暑かったけれど夜は風が心地よく、お天気に恵まれた二日間でした。

★一日目

電車で移動後、大雄山駅からふれあいの村まで大汗をかきながら歩きました。

到着後入村式とかんたんなゲームをしてから、早速火をおこしてカレーを作って食べました。

その後はますのつかみどり! ふれあいの村からまた徒歩で移動。素手で魚をつかむことは初めての子どもたちがほとんど。最初は「こわ~い」「ぬるぬる~」と大騒ぎでしたが、だんだんと落ち着いてきて…なんとか捕まえることができました。冷たい水に足をつけたおかげかとても涼しくなりました。そして、ますは夕食として豚汁とご飯とともにありがたくいただきました。

昨年と一昨年のキャンプでのキャンプファイヤーは雨だったため、木を組んだ大きなものは久しぶりです。歌あり踊りありクイズあり花火ありの盛り沢山のプログラムでした。

 

★二日目

うどんを粉から作り、寝かしている間や食べ終わった後は、子どもたちが考えたプログラムで思いきり遊びます。リレー、鬼ごっこ、レンジ鬼、等々たっぷりと走り回りました。子どもたちは元気です! 大人はすっかりへとへとでした…、

短い日数でしたが、「来たのは昨日だっけ?」と感じるくらい内容の濃い~二日間でした。

学校も年齢も住んでる地域も違う子どもたち。高学年の活動では、毎年キャンプを行う前に事前集まりを行っています。今年は3回顔を合わせました。何回か会うことで少しずつお互いの顔と名前を覚え、本番のキャンプで一緒にご飯を作り食べお風呂に入りたくさん遊んでいくうちに…少しずつ距離が縮まっていったように思えました。

来年もたくさん遊ぼうね!

/ あそぶ, つどう, 高学年

[高学年部]奈良北地区夏祭りに出店しました

町田子ども劇場の夏は、奈良北地区夏祭りから始まります!
今年も、7月13日・14日と、高学年部で奈良北地区夏祭りにお店を出しました。

今年も子どもたちは水あめと玉こんにゃく、大人は焼きそばを売りました。
高学年の子どもたちはお祭りへの出店が大好き。
(実は子どもたちに一番人気のイベントらしい…?)

経験のある子は初めての子や年下の子を見守り、
教え合いながら、自分たちなりに工夫して店を切り盛りしていました。

大人も、いつもはなかなか集まれないお父さん達も来てくれて、
わいわいと大量の焼きそばを販売。

小雨の降る中でしたが、どちらのお店も大繁盛!見事完売しました。

こうした活動の積み重ねは、子どもたちはもちろん成長しますが、
大人も子どもたちと一緒に楽しみ、一緒に成長することができますね。

8月には高学年キャンプ、鹿児島・知覧への学習旅行が控えています。

さあ、夏が始まりました!!

/ つどう, 高学年

[高学年部]新4年生歓迎バーベキュー♪

町田子ども劇場では、小学4年生以上の子どもたちを対象とした高学年活動を行っています。10連休の最終日、大地沢青少年センターにて新4年生歓迎バーベキューを行いました。途中雲行きが怪しい時もありましたが、かえって陽射しが強くならず、暑くもなく寒くもなくちょうどいい気候でした。

まずは、初めて顔を合わせる子もいるので、自己紹介ゲームや電子レンジ鬼ごっこ。小さな声でやっと名前を言ってる子、名前に加えて好きなことや食べ物も言ってる子、いろいろです。鬼ごっこでは、広場を縦横無尽に走り回りまる子、端っこで見つからないように静かにしている子、積極的に鬼になりたい子、いろいろです。

ひと遊びしたら、さあ、バーベキューです。

3つの班に分かれて、何度も来たことがある中学生、高校生が中心になって、材料を切り、薪を割り、火をおこします。今まで上の学年の子に教えてもらっていた子が、今年は「こうやるんだよ」と教えていたり…自分がやれば早いのだけど、あえて下の子がやるのを見守っていたり…。何度も来ている子の成長が見えて頼もしいです。今年初めて参加する子は何をやるにもドキドキしているようですが、好奇心いっぱいまわりを見たり聞いたりしています。

そして、グループごとに出来上がったところから食べ始めます。思いきり走り回ったので、みんなお腹はぺっこぺこ。お肉、野菜、焼きそば、出来上がりはグループによっいていろいろだけど、みんな美味しそうに食べています。デザートにはマシュマロを残り火で焼いて楽しみました。

食べ終わったら自分の食器だけでなく、グループで使った道具や鉄板を全部片付けるところまで子どもたちでやります。大きくて重い鉄板をきれいするのは力仕事ですが、熱心に洗ってくれます。そのあとは再び広場で、昨年夏のキャンプで盛り上がったガッチャという鬼ごっこ。みんな…疲れ知らずですね!

山間で思いきり遊んで食べた一日、今度は夏のキャンプでたくさん遊びましょう。楽しみです。

/ あそぶ, つどう, 高学年

[高学年部]お餅を作って食べました!

年末押し迫る12月28日(金)小学4年生から高校3年生の子どもたちで集まり、お餅を作って食べました。餅つき機を使い、まずは前日から水につけておいたもち米を機械に入れて蒸します。最近はもち米からお餅になるところを見る機会は少なくなりました。子どもたちは蒸しあがるにつれて漂ってくる匂いに吸い鼻をくんくん、興味津々です。

働くもちつき機さん

出来上がるのを待っている間には、年明け1月13日に行う進年会の出し物の相談とその練習を行いました。

二人羽織に挑戦!

それが落ち着くと、4年生の子どもたちは近くの公園へ…寒いなか元気です。

そうこうしているうちに蒸しあがったつぶつぶのもち米は、ぐるんぐるんと捏ねられて少しずつお餅に変わっていきます。何人も餅つき機のまわりに頭をつきあわせて、じっとその様子を見つめています。捏ねられて丸くなっていくお餅を「かわいい~」と言いながら写真を撮っている子もいます。

そして、待ちに待ったお餅が出来上がりました! すぐに一口大にちぎり、黄な粉、砂糖醤油、海苔、大根おろしと鰹節、お汁粉に。「出来立ては美味しいね~♪」と声をあげながら次から次へと口に入れていきます。味付けをするのが間に合わないくらい、あっという間になくなっていきました。

来年も高学年の子どもたちと過ごす時間を大切にしていきたいと思います。次回は進年会で会いましょう。

/ あそぶ, つどう, 高学年